TOP

風俗で効率よく気持ちよくなる方法はあるのかを模索した体験談です。

噂のセクキャバへ

以前から噂されていたセクキャバに通ってみたかったので少し無理して時間を作り、楽しめるお店なのかどうか調べてみたんです。風俗の為に無理して行く時間を作り出したのは久々な気がするから、なんていうか新鮮な気分になりますね。女の子と会う為だと思うと過酷な作業とかも我慢出来るから、改めて目標を作ることの大切さを理解した気がします。そんなことを考えながらセクキャバに通ってみると、中々面白くサービス内容も豪勢だったので悪くなかったです。店内の方はそれほど規模は大きくなかったけど奥行を見せる為にとにかく無駄な道具を置かない状態にしていたので、とても広く感じました。おかげで狭い場所が好きじゃない私でも問題はありませんでしたし、女の子との交流も集中して行えたので楽しい時間を過ごせました。サービス内容は主に胸を触らせてくれたり、会話を行い楽しませるといったもので、十分面白かったです。中々大きい胸の持ち主だったので弾力のある乳房の感触を楽しめましたから、十分満足出来て良かったです。



抱きしめあっていて、終了を迎えた。

エレベーターから降りるとすぐ受付け。初めてだったので、フリー40分を選ぶ。飲み物を聞かれたら待合室へ。待合室ではアダルトビデオがかかってた。待っていると、スタッフに呼ばれ店内へ。中は薄暗く、ボックス席へ案内される。飲み物が運ばれ、しばらくすると、セクキャバ嬢が来た。初めての風俗で緊張しながらも、一人目のセクキャバ嬢と雑談をしていちゃいちゃした後、キッス。何回かキッスをし、服の上からおっぱいを触らせてもらう。おっぱいが見たいというと、服を脱いで綺麗なおっぱいをさらしてくれた。おっぱいを揉んでいると、乳首が堅くなった。今度は舐めたいというと、ひざの上に乗り、舐めさせてくれた。それからは夢中になって、おっぱいをこねくり回したり、体を抱きしめているうちに交代の時間になってしまった。2人目のセクキャバ嬢は結構くだけた感じで雑談しかけてくる。積極的にこっちの体に触れてきて、時折股間をツンツンされた。キッスが好きなのか、たくさんキッスをせがんできた。しかし、おっぱいは見せたくない模様。服の上からしか触らせてくれなかった。ほとんどキッスをして抱きしめあっていて、終了を迎えた。